ロッテルダム、初夏

オランダの地方都市、ロッテルダム。人口60万人のこの町は、小さな大国オランダの第二の都市。

初夏のロッテルダムは、肌寒い。ジュネーブから空路で1時間の距離にあるこの町は、秋の色。7月だというのに、待ち行く人は薄手のジャンパーを着ていて、日本の秋を彷彿させる。

春ではなく、秋のイメージだ。春は、新たな命の息吹。元気。新緑が似合う。一方で秋は、風情、懐かしさ、落ち着きという言葉が合う。

ロッテルダムの路地を一本入ると、すぐに住宅街に迷い込む。クネクネと蛇行する小道はアスファルトで舗装されていない。古い建物と石(レンガ)畳の風情ある空間がそこにある。一度も来たことがないのに、懐かしさすら覚える不思議な世界だ。

ロッテルダム中央駅の改札を一歩出ると、自由な雰囲気が街全体を包んでいることに気付く。ここは大学生活を送るには最高の場所かもしれない。風情と自由な雰囲気が町を包み、緑豊かな涼しい気候もうれしい。自由な発想で勉強するには最高の場所だろう。ここで1週間大学に通うことができるのは、人生に一つ花を添える出来事になるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>