ポーランドの道端の芸術

ワルシャワのストリートアートは芸術。

ワジェンキ公園から南へ歩いていくと、多くのストリートアートに出会うことができる。高架下の一角がキャンバスになっていて、目を疑うほど「落書き」からはかけ離れている。街が委託したのかどうかはわからないが、見事な作品の数々だ。

率直に言うと、私はストリートアートが美しいと思ったことは一度もない。ヨーロッパや北米を歩いていて、とにかく「汚く」見えるのが、街中に施された「落書き」だ。これをアートと呼ぶ人の気が知れない。そう思っていた。

しかし、ワルシャワのストリートアートは、本当に芸術的なものも多い。そういう視点で街歩きをしてみても面白いかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>